2015年06月15日

キーの延長 〜 サックスのキーの運動を考える その4

キーの延長や短縮、位置の移動といった事は


いかにもリペアの仕事っぽいし、こんな風にブログのネタにもなるのでよいのですが、(笑)


あまり安易には行うべき事ではないと思っています。



なぜなら、





まず1に、、



前のブログの記事の様にあった様に、”キーの押し易さ”や”指の届き易さ”といった印象は、楽器の構え方や、手の位置、親指の位置を少し変えるといった、奏者自身の工夫によって、大きく改善することがあるからです。





そして2に、






キーの位置移動より先に考えなければならない要素があるという事です。




パッドが正確にトーンホールにあっているという事。

キーの開きは適切であること。

バネの圧は適正であること。

キーロッドと芯がねの関係は適切であること。




等等。



これらの要素は、キーの形を変えてしまう前に考えなくてはなりません。

キーの押し心地、指の届き易さといった感触の総合的印象は色々な細かい要素でなりたっています。



楽器の作りはメーカー、モデル、古い楽器ともなると、個体によってもまちまちです。

そして一人として同じ手、指を持つ人もいません。

理想の状態というのは奏者ごとにも違ってきます。

楽器の方を変えた方が良いのか?

それとも奏者自身の工夫によってなんとかなるのか?






よーーーく考えて、





他の要素を先にクリアにしていき、




それでもなお更なる改善を見込みたい場合の


最終的なアプローチが






キーの位置の移動という事になります。






一度ぶっ壊すようなものなので、

この作業は派手で、やっていても楽しいです。笑






まず今回の場合、小指が押しにくく、どうにかしたいというお客様でした。

細かく検証する所から始まります。





使用しているお客様は大人の男性の方。


楽器は某メーカー製のスチューデントクラスと言われているモデルです。



IMG_2782.jpg


この楽器の場合、右手の小指部分がかなり手首よりに設計されており、小学生や女性等手の小さい人、小指の短い人にとってはベストの位置にあると言えるかも知れませんが、普通の大人の男性にとっては小指が余ってしまい、小指をかなり折り畳まないといけない位置でした。
 




IMG_9870.jpg


また、キーロッドの回転軸のちょうど真上に作用点があるので、回転運動の効率が非常にわるく、押し開くための回転角もトルクも大きすぎる事も、押しにくさの原因でした。





つまりキーを延長してあげれば、小指も変に折り畳まなくて済むし、軸からの距離が遠くなるため、回転運動の効率もあがり、(テコの原理です)押し易くなります。



そこでこの楽器はキーの延長を施します。





まずラッカーを剥離します。

IMG_2784.jpg


手にちょっとついただけで痛い。目に入ったらシャレにならない強い薬剤です。怖いです。完全防備で作業します。




つぎにキーのしのぎ部分とテーブル部分のロウ付けを外します。 


_DSC0668.jpg




ちなみに管楽器の溶接方法には主に二つの方法があります。

半田付け  と  銀ロウ付け  です。

詳しい事は割愛しますが、ハンダ付けは200度くらいの低温で溶融し、キーポストやキーガードの台座などを溶接しています、融点が低いので作業効率にすぐれています。 ロウ付けは800度くらい高温で溶融し、キーロッドとカップの溶接などに使われています。 高い温度が必要ですが溶接後はしっかりと外れる事はほぼありません。


今回の作業はロウ付けです。








ばらばらになったら、延長した時の事を想像しつつ、取り付け角度を調整します。

_DSC0670.jpg


_DSC0682.jpg








真鍮の継ぎ足しを溶接します。


_DSC0673.jpg




_DSC0679.jpg




_DSC0676.jpg



_DSC0677.jpg





継ぎ足しにテーブルを溶接します。
ここが一番の集中ポイント。気がついたら写真取るの忘れた。



_DSC0683.jpg



角度を確認します。










あとはヤスリを使って整えていきます。

_DSC0688.jpg




_DSC0692.jpg




_DSC0695.jpg




_DSC0696.jpg





溶接した部分つなぎ目が見えない位溶接できました。




_DSC0702.jpg



_DSC0704.JPG




ヤスリの番手を細かくして磨き上げ、最終的にラッカーを塗装して完了です。






回転軸からの距離が長くなったので軽い力でクローズキーを開ける事が出来ます。



[名称未設定].jpg

比較






特にLOWE♭がポイントです。

この場所はバネをあまり弱くできないのです。

このバネが弱いと低い音の振動に負けて浮いてしまい、フォルテでの定温やサブトーン時に上手く演奏できない原因の一つになってしまいます。

ここは出来ればバネ圧は強い方が良いけど、力のない小指なのであまり強くしすぎても押しにくいというジレンマを抱えた部分。


延長させる事によってこのジレンマを解消することができました。
posted by PORTE at 23:12| Comment(2) | リペア
この記事へのコメント
ありがとうございました。左手の方と合わせて、良い状態です。

あらためて次は、右手中指の指貝のご相談に伺うつもりです。

その節はよろしくお願いします。

Posted by 杉本一茂 at 2015年06月30日 18:12
杉本さま ありがとうございました! またいつでもご来店下さいませ!
Posted by 杉本研 at 2015年07月08日 19:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: